マンションってリフォームしていいの?

マンションのリフォームをお手伝いする情報サイト

リフォームはどういったときにする

自己所有か賃貸かを問わず住んでいる住居に全く不満を感じないという人は少ないのではないでしょうか。部屋が経年劣化で暗い感じがする、家族が増えた、或いは子供が結婚して出て行ったので間取りを変更したい等住んでいるうちに不満は出てきますよね。 ここではリフォームの方法や注意点を考えてみましょう。

マンションは無理なのでは!可能かどうかを先ず確認しよう

リフォームは自己所有か賃貸かによって可否、手続きがかなり変わってくるようです。可否については原則自己所有は可能なことが多く賃貸は不可という場合が多いようです。ただし自己所有であっても管理組合の制約がある場合もあります。賃貸については原則不可だったのですが最近は認められる場合もあるようです。

リフォームのリスクも認識しておこう

リフォームによりご自身の住環境は改善することが出来ますが、リフォームによる騒音の増大や費用負担の発生などリスクも認識しておく必要があります。家の中は快適なのに、ドアを開けたら周り中でクレームの嵐だ、費用をかけすぎで家計が赤字になったでは気分もよくないですよ。

生活の基盤である住居をリフォームしてみよう

住居は日々の生活の基盤ですが、子供の成長に伴う間取りの不満や経年による内装の劣化などいろいろな要素が住み心地を変えてしまうのではないでしょうか。
住み心地に不満が出た場合多くの人はやはり解消したいと思うものです。ただ解消する方法は大きく分けて3つあると思います。
1つは住み替え、つまり新しい住居を探すということです。賃貸であれば多くの方はこの形を選択するのではないでしょうか。
2つ目の選択肢は住居の建て替えになります。一軒家の自己所有の場合この選択が可能ではないでしょうか。ただし建て替えは多額の費用が掛かりますので費用対効果を考え将来的に負担が残らないように注意する必要があります。
3つ目の選択肢はリフォーム。一般的に一軒家の自己所有であればこの選択肢を選ぶ方が多いと思います。
ではマンションの場合はどうでしょうか。自己所有の場合は専有部分については可能な場合が多いようなので実施するかたが多いと思います。では賃貸ではどうでしょうか。通常賃貸の場合リフォームは難しい場合が多いので住み替えを選択する方が多いようなのですが、子供の通学等便性等を考え住み続けたい場合リフォームを検討することになると思います。
このサイトではマンションのリフォームについて可能か、可能であればどういった形で進めていくのかといったことを少し考えていきたいと思います。特に賃貸の場合のリフォームは難しいとお考えの方も多いと思いますので可能な方法を見ていきましょう。